特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人
特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人 » 特許の基本ルールをおさらい » 特許出願書類は原則1年半後に公開される

特許出願書類は原則1年半後に公開される

現在の特許制度は、出願から1年6カ月が経過すると、特許出願したことが特許公報に掲載されます。このような出願公開がされると、他人の模倣のリスクが生じます。それ対して、出願公開後、発明を実施した第三者に補償金を請求することが可能です。ここでは、特許公開制度について詳しく説明しています。

特許の出願公開とは?

出願公開制度の目的は?

特許出願公開制度の目的は、1.重複した特許出願を防ぐこと2.産業の発達のための技術革新に寄与することです。

重複した特許を防ぐこととは、特許出願中のアイデアと類似した発明の特許出願を回避することです。重複した出願の予防の無駄な時間と費用を発生させないようにするためです。

技術革新に寄与することとは、素晴らしい発明でも特許査定されない場合もあるために、その発明を世の中に知らせること。特許査定されなかった発明でも他社の改良により、技術進歩につながる可能性があるからです。また、公開されると、その特許出願された発明を他社が実施した場合は補償金を出願者に支払うことで、特許出願者も収益を得ることが可能です。

なぜ1年半なの?

特許出願公開が1年半である理由は、出願してすぐに公開されると他社に改良されて類似発明が多く出願される可能性が出てしまうからです。また、海外出願の際の優先期間1年に公開準備期間を加えた期間を参考にしています。

特許公開のメリットとデメリット

メリット

特許出願の公開がなされると、出願者は公開されたアイデアを実施した第三者に対して補償金を請求することが可能になります。なお、補償金請求権を早急に得るために、出願人の任意で出願公開請求も可能です。このように、特許出願者も特許設定登録されなくても、特許出願公開されると収益を得ることが可能になります。

デメリット

特許出願公開がされると、出願したアイデアが他社に模倣される可能性が出てきます。競合他社に模倣され改良されることで、特許出願者の研究開発の方向性が世の中に知られ、特許出願者が市場優位性を失うリスクが発生します。

このデメリットが少ない場合は、特許出願者は特許出願公開請求を行い、早めに補償金請求権を取得することが考えられます。

特許出願公開制度まとめ

特許出願公開制度は、特許出願者にとって、特許アイデアを他社に模倣されるおそれがあります。しかし、出願アイデアを業として第三者が実施した場合は、特許出願者は補償金を請求することが可能です。このような特許出願公開制度を理解して、企業の知的財産戦略を考えていくとよいでしょう。

関連リンク

成功事例がわかる
特許出願コンサル事務所3選
坂本国際特許商標事務所
他社事務所で断られた高難度案件でもスピード取得を目指す
坂本弁理士の近影
画像引用元:https://www.sakamotopat.com/staff.php

所長弁理士 坂本智弘

所属

  • 日本弁理士会
  • FICPI
  • AIPPI
  • APAA
  • 日本商標協会
  • 日本ライセンス協会
  • 電子情報通信学会
  • JAFBIC
  • 日本知財学会
  • 日本弁理士政治連盟
  • 特許庁IPAS

公式HPで特許の
料金プランをチェック

0800-111-8444
(フリーコール)

曽々木国際特許事務所
中小企業や個人を中心に堅実なコンサルを提供
曽々木弁理士の近影
画像引用元:http://www.sosogi-tokkyo.com/profile/

所長弁理士 曽々木太郎

所属

  • 日本弁理士会

公式HPで特許の
サービス内容をチェック

06-7506-3624

至誠国際特許事務所
「こんな発明で特許が取れるのだろうか」というアイディアも大歓迎
木村弁理士の近影
画像引用元:https://kimura-intl-ip.net/

所長弁理士 木村高明

所属

  • 日本弁理士会

公式HPで特許の
支援実績をチェック

03-5830-7210

※「国内特許 事務所 成功事例」で検索した時のGoogle検索上位20社から、国内特許の事例を掲載している3社を紹介します。(2022/3/31時点)

関連ページ

特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人

特許の基本ルールをおさらい
特許を取れる発明とは?
知的財産権における「産業財産権」とは
特許と商標の違い