特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人
特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人 » 特許の基本ルールをおさらい » 複数の国にまとめて出願できる「PCT国際出願」がある

複数の国にまとめて出願できる「PCT国際出願」がある

特許の国際出願は、権利化したい国ごとに行うことが必要です。このため、国際出願の手続きはややこしくなり、出願者は手間も時間もお金も余分にかかってしまいます。この非効率な国際特許出願をシンプルにするために、特許協力条約(PCT)が締結されました。

PCT国際出願制度

PCT国際出願制度を活用すると、複数の国に出願することが容易になります。PCT出願では、日本の特許庁に国際出願の手続きをすることで、PCT加盟国に特許出願したものとみなされます。PCT出願の流れと費用について説明していきます。

PCT国際出願の流れ

日本国内の出願

PCT国際出願を行う場合、最初に日本の特許庁に出願します。この日本の特許庁への出願をベースにPCT国際出願を行います。このベースとなる日本の出願を基礎出願といい、出願日が優先日となります。

PCT国際出願

日本の基礎出願から12カ月以内に、「新規性や進歩性の基準日が基礎出願日である」という優先権を主張してPCT国際出願を行います。このPCT国際出願の手続きは、日本の特許庁に出願書類を提出することで完了します。

国際調査報告

国際調査機関が、技術調査及び特許性調査を行い、その内容の見解書を作成します。見解書により特許成立の可能性を評価し、次の手続きに進むかが決まります。

各国の国内移行手続き

日本の特許庁への基礎出願日から30ヶ月以内に、権利化したい国での国内移行手続きに入ります。権利化を目指す国に、翻訳文の提出と手数料の納付を行います。

各国の国内での審査、権利付与

権利化を目指す国の法令に基づき審査が行われ、権利付与が行われます。

PCT国際出願に必要な費用

PCT国際出願にかかる費用は、国際出願手数料、送付手数料、調査手数料からなります。国際出願手数料は、基本料金(145,000円)に出願書類が30枚を超える場合に追加料金(1,600円/枚数)です。オンライン出願の場合は32,700円の割引があります。送付料金は10,000円、調査手数料は70,000円です。この他、各国の弁理士費用、翻訳費用、各国の特許料等が必要です。

PCT国際出願にかかる手数料の軽減制度、交付金制度

PCT国際出願を利用しても外国特許出願は20万円以上かかってしまいます。そのため、知的財産支援センターはPCT国際出願のための支援をしています。その支援制度は「PCT国際出願にかかる手数料の軽減制度、交付金制度」と「中小企業等外国出願支援事業」があります。

「PCT国際出願にかかる手数料の軽減制度、交付金制度」は、中小企業・大学は1/2、小規模店中小ベンチャー企業は1/3、特許庁に支払う料金負担を抑えることができます。

「中小企業等外国出願支援事業」は、国内および現地の代理人の費用、翻訳料などの1/2が支援されます。

まとめ

PCT国際出願を利用すると、外国出願の手続きが容易になります。このPCT国際出願を利用するためには、制度の正確な理解が必要です。PCT国際出願を正確に理解し、外国出願の手続きをシンプル化することで、開発した発明の海外展開も行いやすくするでしょう。

関連リンク

成功事例がわかる
特許出願コンサル事務所3選
坂本国際特許商標事務所
他社事務所で断られた高難度案件でもスピード取得を目指す
坂本弁理士の近影
画像引用元:https://www.sakamotopat.com/staff.php

所長弁理士 坂本智弘

所属

  • 日本弁理士会
  • FICPI
  • AIPPI
  • APAA
  • 日本商標協会
  • 日本ライセンス協会
  • 電子情報通信学会
  • JAFBIC
  • 日本知財学会
  • 日本弁理士政治連盟
  • 特許庁IPAS

公式HPで特許の
料金プランをチェック

0800-111-8444
(フリーコール)

曽々木国際特許事務所
中小企業や個人を中心に堅実なコンサルを提供
曽々木弁理士の近影
画像引用元:http://www.sosogi-tokkyo.com/profile/

所長弁理士 曽々木太郎

所属

  • 日本弁理士会

公式HPで特許の
サービス内容をチェック

06-7506-3624

至誠国際特許事務所
「こんな発明で特許が取れるのだろうか」というアイディアも大歓迎
木村弁理士の近影
画像引用元:https://kimura-intl-ip.net/

所長弁理士 木村高明

所属

  • 日本弁理士会

公式HPで特許の
支援実績をチェック

03-5830-7210

※「国内特許 事務所 成功事例」で検索した時のGoogle検索上位20社から、国内特許の事例を掲載している3社を紹介します。(2022/3/31時点)

関連ページ

特許出願コンサル事務所を大調査 特許の達人

特許の基本ルールをおさらい
特許と商標の違い
特許出願の「新規性」
特許出願で作成しなければならない5つの書類